流せるトイレブラシ・・・湿気対策にいいかも

最近はいろいろな掃除用具とか、洗剤とか出てきて、
ちょっと気になることがあったりもしませんか?

私はかなり気になってしまう方です。
でも、<商業主義にのってはいけな~い>と自制?します。
(たまに負けます)

今回、負けてしまったのは

スクラビングバブルシリーズの<シャット 流せるトイレブラシ> 
                                  ↓

本体に洗剤のしみこんだ替えブラシをセットして使います。
CMの、使った後はトイレに流す映像を記憶されてる方もいると思います。

きっと高いし、手抜きみたいだし、普通のトイレブラシで十分と思って、
私もず~~~っと購入しないできました。

その気持ちを変えさせたのが、トイレの壁面の汚れとカビ。

掃除はしているのに、とにかく汚れやすいんです。
カビとか訳の分からないシミとか。
ウォシュレットの配管がたまに結露することがあって、
そのせいでカビは生えやすいのだと思っていたのです。

・・・そのせいにしたいという気持ちもありました。

直にトイレブラシを入れるのが嫌で、ケースの内側にビニール袋を入れて、
それにトイレブラシを入れているのですが、その汚れ方とか、
トイレブラシ自体の湿気とか汚れとか、
これまた、ず~~っと気になっていたけれど、
いい方法が浮かばなくて、見てみないフリをしてたから。
もしかしたら、トイレブラシじゃないかという気持ちはありました。

500ml容量の湿気取りを置いても、すぐにいっぱいになります。
この春、800mlのものを見つけて設置しました。
ひと月経たずに半分くらいの水がたまったのを見つけたところで、
<シャット 流せるトイレブラシ>を買いに行きました。

本体とついてた替えブラシでお掃除すると、なかなか悪くない感触です。

洗剤も十分に浸み出てるように思えるし、割と丈夫で、しっかりこすれます。
でも、ちゃんと溶けてく。

うちはトイレが2つあるので、散財するなとも思ったのですが、
2つ目も十分にお掃除できたのには、ビックリ!
(だいぶ溶けますが、お掃除は可能。でも、つまりが怖くて流せません)

使ってみて、まだひと月半なので、きちんとした感触ではありませんが、
トイレ内の湿気や汚れ具合、カビの繁殖の仕方は改善してきたように感じます。

替えブラシを週2以上使うと、湿気取りのコストよりも
替えブラシの方が断然高くはなりますが、
清潔感や衛生上のこと、カビや汚れを取る時間と手間を考えれば
流せるトイレブラシでもよいのかなと思い始めています。

トイレブラシを漂白して乾かすことも、一時は考えたのですが、
手間とか、寒冷地のここでのそういう作業はあまり現実的でないというか、
気が進まないというか・・・。

今のところは好感触なので、
水だまり以外の便器内はトイレクイックルのようなもので
しょっちゅう掃除して、週に1~2回、流せるトイレブラシでの掃除で
やってみようかなと思っているところです。

   

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ