溶き卵がちょっぴり余ったら・・・

fried

溶き卵、余っちゃうことってありませんか?

私はたまにあるんです。

 

そんな時どうするか。

私は冷凍庫に直行です。

これで、バッター液の材料にしちゃいます。

 

バッター液って何?

バッター液って?

と思われた方、いますか?

 

カツやフライを揚げるとき、

小麦粉→卵→パン粉 の順に漬けますが、

この小麦粉と卵とに水を混ぜたもの。

バッター液があると、揚げ物の手間がずいぶん減ります。

卵のムラも気にしなくてよいし♪

 

昔は日本食研が出していた、家庭用のバッター粉を

愛用していたんですが、業務用しか出さなくなってからは、

天ぷら粉にあまった卵を入れてバッター液を作っています。

 

スポンサーリンク

 

天ぷら粉だけだと、今ひとつ風味がなくてさびしいですが、

余しものの卵を少々でもいれると、<たまごな感じ>が出て、

できあがった揚げ物が断然、美味しくなるのです。

 

加えて、そのときの気分で、マヨネーズを入れてみたり、

お弁当に入れるときには醤油を少々足してみたりと

そんな工夫ができるのもいいところ。

私などは具材に下味をつけるのをよく忘れるので、

この方法はなかなかGOOD。

 

揚げ物は切り詰めて使ったにしても、やっぱり他の料理よりは油を食うし、

健康にも悪いとか言うし、キッチンも汚れます。

(さもなければ電動フライヤーで電気を食うか、

グリルを使った、やや悲しい偽揚げ物の登場になりますね)

 

主婦にとってはあんまりありがたくはない料理ですが、

家族にとっては多くの場合、楽しみなメニューのひとつかもしれません。

 

ミント家でも揚げ物の頻度はこの数年でぐっと落ちましたが、

たまに出す揚げたてのフライやカツは、なかなかウケます。

 

ちょっとお金を出してバッター粉を使うのもありですが、

あまった卵に天ぷら粉と水でバッター液で使い回し+時短するのも

そう悪くはないと思っています。

 

 

   

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ