キムチの余りからブルダック

すっかりUPし忘れていた<もったいない>メニュー。
我が家のブルダックです。

以前、○○○ドゥでブルダックの合わせ調味料が出たときに、
それって、どんな味の料理??と思って買ってみると
調味液に焼いた一口大の鶏肉を混ぜるだけのシンプル料理でしたが、
家族になかなか好評でした。

でも、発売されていたのは一時期のみで、今は調味液も手に入りません。
何とか美味しく作れないかなぁと思ってきました。

ある時、ふと冷蔵庫を見てて、
「これ、使える!!」とひらめいたのが
主人がいつも残したまま冷蔵庫に入れっぱなしの
(しかも、そのままで新しいキムチを買ってくる)
キムチのつけ込みダレと一口くらいの野菜。

これ、ブルダックの調味液にきっとなる♪とワクワクしました。

鶏肉の脂を取って一口大に切り、塩こしょう、酒をふって
(好みでニンニク、ショウガも追加)下味をつける。
その後、しっかり火を通して両面こんがりと焼くのは
普通にブルダックを作るのと変わりありません。

問題なのは調味液。
残ったキムチの付け汁&つけ込み野菜に好みの量の蜂蜜、砂糖、醤油少々
(好みでニンニク、リンゴのすりおろし)を混ぜて、調味液は完成。

こんがり焼いた鶏もも肉にこれを混ぜて、絡めながら煮つめれば
簡単ブルダックのできあがりです。

burudakku

 

当初、気になっていたのが<辛み>の度合いですが、
辛いものが得意でない娘からもOKをもらいました。

辛いものが割と好きな主人と息子もそこそこの絶賛?ぶり。
画像はピンぼけですが、下に敷いたレタスとの彩りもよく、
若干辛くても、レタスがうまく火照りがちな舌を冷ましてくれます。

実は、主人が一口程度残して放置するキムチには、本当に閉口してました。
食べるのかどうかもわからないから、なかなか捨てられないし、
でも、結局、放置したままで新しいキムチをかってくるし・・・。

キムチが大好きというわけでも無いのに、
その一口のキムチを処分するのはいつも私。
ほんとに厄介でした。
捨てるのも、なんだかもったいないですし。

私と同じように、
キムチの混ぜ込み野菜と付け汁を何とかしたいって思ってる人は
是非、お試しください♪

キムチのもともとの味にも左右されますが、
きっと概ね、美味しくできあがると思います。

   

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ