大量のぶどうは寒天で固める

大きなピオーネをいただきました。
とっても美味しいのに、うちの家族はやや腰が引けてました。
ぶどうの皮をむくのが面倒だから・・・。逆上

4房ももらったので、若干をそのまま食卓にだして、 あとは保存することにしました。
皮ごとでも、皮をむいてでも冷凍保存が可能ですから。

でも、ぶどうの類って、喜んで食べるのはいつも私だけ。
ずいぶん前にも頂き物の巨峰を氷らせたのですが、
結局、私しか食べませんでした。

それで考えたあげく、
今回は、 家にあった寒天で生の果実をコーティングすることにしました。

ピオーネの皮をむいて、バットに詰めて
少し冷めてきた寒天液を上からかけるだけの簡単保存。
寒天液は粉寒天2gに水300cc、砂糖30gで煮溶かしたもの。
(うちはシュガーカット15gにしました) これにレモン汁を少々。

できあがった物がこれです。↓

budoukan            
 出された方は食べるだけ。
 朝のパン食に、
 夕食のデザートとして添えても売れました。
 食べてみても、ぶどうそのままの感じがGOOD!
 ぶどうを冷蔵庫で保管すると、
 鮮度が落ちてぽろぽろ取れるし、
 弱い部分から傷んできます。

 

でも、こうしておけば、丸1日はすぐ食べられる状態で置いておけるし、
作りきれないぶどうは皮をむいて冷凍しておいて、
後日、そのぶどうを同じように寒天でくるむと また美味しく食べられます。
(実際に冷凍したぶどうでも試してみましたが、 美味しかったです♪)

ぶどう狩りやお裾分け、激安でたくさん買い込んで ぶどうの消費に悲鳴を上げている人。
試してみてください♪
ピオーネの他に、巨峰、デラウエアが 多分、向いているのではないかなぁと思います。


   

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ