指輪を売る

ring

昔、母にもらった指輪がありました。

指にもう入らないということで、
前々から母がほしがっていた、私のきれいな空色のオパールリングと
交換した物でした。
(母はオパールがむちゃくちゃ好き)

あれから数十年がたち、
持つにしても、新しいものにしたいし、
どのくらいで売れるかによっても、どうするか考えたいので
まずは売ろうと思って、金の価格を数年見てきました。

金の買いとり価格

金の価格は、2013年以降は5000円を越えることもなく、
いろいろあっても最近は動きも小幅。
最近の買いとり価格は4500円前後を行き来していました。

変動もあまりないしそろそろ売ろうとタイミングをみていたのですが、
たまたま2時間ほど、自由に動ける日があったので、
これ幸いと買い取り業者に行ってきました。

スポンサーリンク

前日の金の相場(税込み買い取り)は4560円ほど。

8gなので約36000円ですが、ここからどれだけ引かれるか、
興味津々でした。

お店選び

2時間ほどしか余裕がないので、先にお店を2~3件挙げておいて
あまり査定額が安ければ、次のお店に・・・と地図を見ながら
回る順を考えていました。

 

「金買い取り+地域名」で検索して、ヒットしたところのHPをみたり、
そこに出ている口コミをみたりというのは、
数ヶ月前に済ませてありました。

口コミもよく、安心だという某店が一番手でしたが
偶然、この日の朝に「▼□※」という、やはり有名どころで、
SNSで無料査定をしていると知り、
コメントと写メを送っておきました。

着くまでに査定が終われば、査定のために回る店が一件減ります。
時短になればラッキーと思いながら出かけました。

でも、私がお店近くまで来ても、査定の連絡がありません。
写メを送ってから約1時間半が経っていました。
既読もちゃんと送信直後についてるのは確認して家を出たんです。

既読が着いているんだから、どのくらいで査定が終わるか、
コメントしてくれたらいいのに・・と思って、ほかのお店に行こうかと思いましたが、
送っちゃったし・・・ということで「▼□※」に行きました。

査定額とその後でのこと

店舗の中は数個のブース(個室)に別れていて、
完璧、個別対応。

お茶+お茶菓子もあり。

品物とここに来た経緯や
その他あれやこれやと話している間、
店員さんは比重、グラムなどを測っていて、
出た買い取り価格は・・・

純金8gで22000円 (▼皿▼メ)

手数料のほかにいろいろ入ってたにしても
店の取り分が1万4000円はあんまりにもひどいと思ったので、
「考えさせてください。」とお断りをして
もうひとつの有名どころに行くことにしました。

先方も、先の世間話で、
私が何も知らないままに来店している客ではないと
踏んでいたようで、
私が断ってから、店の取り分やリスクのこと、
某有名店ではどのくらいでの買い取り価格かを教えてくれて、
その上で30000円ではどうかと言ってきました。

某有名店よりもやや安い買い取り価格にはなるけれど、
今回の情報料として相殺できると思ったので
30000円でOKしました。

貴金属を売るときは何件も歩くつもりで♪

時間の余裕があれば、あと二件行きたかったんですが、
話しているうちに時間がなくなってきたのと、
予定していたうちの片方での買い取り価格の概ねが
何となくわかったし、自分なりの納
得も行ったので、今回はこの一件で済ませました。

バッグや衣服、工芸品などは状態によって
買いとり額の振れ幅は大きいですが、
相場がしっかり出ているゴールド、シルバー、プラチナは
<貴金属>として重量で換算すれば、
専門家でなくてもあらかたの売値は推測することができます。

なので、恥ずかしいと思わずに数件をピックアップして
しっかり査定を出してもらうことが絶対に必要なんだというのは
お伝えできたかなと思います。

物を売るときには、急いで買い取って欲しくても、
時間と気持ちに余裕を持っていくのがいいようです。

けど、こちらの知識量で、
相場が出ている貴金属でもこんなに幅が出るんですね。
ほんと、驚いちゃいました。
私にとっては「保険」のエピソードに続くビックリ話でした。

   

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ