この冬も乗り越えないと

冬はどうしても灯油代と電気代がかさみます。
ここは氷点下15度くらいになることもある土地だし、
雪も相当つもるので。

灯油代は円安もあって、夏の間も高止まり。
この冬は1リッター100円を超えるのは確実です。
電気代はここの電力会社がまた値上げすると言ってます。

灯油にも電気にもあまり頼れないということで、
ガスへの移行がずいぶん増えているようです。

売れませんから、あまり買わないでください。
値上げはもちろんします。
そんな商売が数年も成り立っていて、
今後も成り立つと思われているのはおかしな構図。

いずれ、<オール電化住宅>の真反対
<ノー電化住宅>でも売りに出されないかな…なんて思っています。

とにかく、一年一年を乗り越えようと、
いろんなことを考えました。
ちょっとずつUPします。

まずは節電、そして作電&脱電。
いつかは完全脱電?できたら、気分は最高かもしれません。

そして電力は命を救うための病院とか、ライフラインの維持のための機関とか
そういうことに使ってもらいたい。

そんな、偉そうに書いてますが、うちの消費電力は
2011年1~9月まで4375kWh
2014年1~9月まで2982kWh
冬は24時間セントラルヒーティングを使う関係で
(これは凍ったらアウト!)
どうしても電力を食う。
それにしてももっと脱電できないかと思う。
ほんとに恥ずかしい限りです。

そして、…最近思うけど、要らない信号機が多すぎる。
あれもやめればどうでしょう。
それよりは危険な道路を何とかしてほしい。
ガードレールなしでものすごく細い歩道を歩いてる子どもとか
冬にロードヒーティングを停止した付近で、スリップしてる車、
歩道の雪の壁にぶつかってる車を見ると
もう少し考えるべきところはあると思うのです。
そこには縦割りの行政だの、力関係だのが横たわってるんでしょうけれど。

たくさんの人の知恵…というか、
この国の人たちの<叡智>が欲しいなと思うのです。

   

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ