節約のコツ 固定費は時々見直そう 1

smartphone1

「節約!節約!」
そのために、何をどう変えればいいんだろう・・・

すごく、真剣に考えます。

そうして、やっと見つけた節約のスタイルやプラン。

これで、きっと月末にはこのくらい浮くぞ♪
っていうワクワク感。

そして、実際にその成果を手にした時。
本当に嬉しいものですよね。

さらに、このスタイルを続けていけば
お財布も次第に潤ってきます。

でも、これをやり続けていくことは
なかなか大変なことでもあります。
 

そうして、成果を上げていって何ヶ月か経つうちに、
アレ?と思うこと、ありませんか。

長い間のうちに、生活のスタイルがいつの間にか少しずつ変わって
それまで続けてきた節約のスタイルやプランが、
実は合わなくなっている。

でも、大変な思いをして作り上げたプランやスタイルです。
それを変えるのは 、また大変な思いをすることだと
頭のどこかが警告します。

慣れたプランやスタイルを変えるのは
確かに不安だったり、面倒だったりします。

別に当座の不都合はないんだからと
そのままにしちゃってるっていう人、
少なからず、いらっしゃるのじゃないでしょうか。

・・・私は、その一人です(恥)

今回は私がしてみた、通信費の見直しについて
書いてみようと思います。

スポンサーリンク

 

携帯つながらない・・・からの見直し

私はすっごい面倒くさがり屋なんで、
自分ではなかなか重い腰をあげられないタイプ。

だから、トラブルとか、面倒事とか、依頼事とかあったときに
起きたことの周りをちょっとだけ見直すようにしています。

ちょうど、今月もそんなことがありました
<携帯つながらない事件>があって(後日、UPします)
子ども1のスマホを別の会社に変えることにしたのです。

それを機会に見直したのが、支払っている携帯電話料金。
私の両親が使っている携帯電話料金でした。

両親の携帯デビュー?エピソードの始まりは

両親には<安心コール用>としてガラケーを持たせていて、
今は「○!○○○○」の携帯電話2台分の基本料と
オプションの4160円がかかっています。
(端末料金の分割支払いは終了しています)

両親に持たせているガラケーは
携帯を開くと「元気ですよ」メールが自動配信(1日につき1回)されます。

ひどく面倒くさがり屋の両親には
「お元気通知機能のある湯沸かしポット」がよいだろうと思っていたのですが、
(私の実家の割と近くに住んでいる)弟のお嫁さんから、
「(両親が)携帯をほしがっている」というメールが送られてきました。
それで、金額はずいぶん高くつきますが、思い切って携帯電話にしたのでした。

両親の携帯使用状況

(交通事故後でひどく体調の悪い中)
契約を済ませ、携帯電話の使い方も解説したのですが、
両親はやはり面倒くさいようで、
元気メールが届かないことは度々。

母親などは、買い物や通院にガラケーを携帯しないどころか、
充電もしないで<バッテリー切れ>なんか起こしてます。

話してみると、壊したら困るので、
携帯は携帯しないことにしているらしい・・・(--;)

(さらに聞くと、別に携帯なんて欲しくなかったという両親。
これまでもお嫁さんの言うことには 、ほかにもあちこち脚色があったり、
実際に自分の都合のいいように話を二転三転させているので、
この携帯の話も信用ならない類いのものだったようです)

おまけに、「元気メール」が届く場合は真夜中が多くて、
どうやら、携帯電話を時計代わりに使っていると推測されます。
「元気メール」の着信音で真夜中に
(子ども2のサポートでへろへろになっている)私が起こされる
という悲しい状況が続いています。

そんなこんなで支払ってきたお金は結構な額になるし、
このほかにも結婚して25年間、
こどもたちもどちらもハンディキャップがある中で
ずっと実家に仕送りを続けているので
精神的にも経済的にも負担は大きくて、
しかもこの携帯電話の発端は気持ちのよいものではありませんでした。

途中で、何度か解約したいなとも思いましたが、
そのたびに考え直してきました。

今年は特に子ども1.2が同時に進学し、
その費用のほかにも、フリーズしがちなPCと
壊れた電子辞書を買い換えたりと
(どちらも、今や学生にとっては必需品)
予想していなかったお金がかかってしまっているので、
可能なところは切り詰めないとという気持ちになります。

だからといって、携帯をすぐやめるというのも・・・
と、また考え直して、
まずはオプションを見直すことにしました。

そのオプション、本当に必要?

今つけているオプションは
「誰とでも定額」と「位置情報検索サービス」

このうち「誰とでも定額」という通話オプション は
契約した月からこれまでずっと使われたことがありませんでした。

このオプションは980円。
二人分で約2000円になります。
そうすると、携帯料金はほぼ半額。

一台あたりのガラケー料金は格安SIM並になります。
(同時2台申込みで1回線無料のイベント中に手続きしたので)

これなら、納得してお金を払えるお値段です。
・・・この3年あまり、ず~っともやもやしながら払い続けた
約25万円はなんだったのかと思ってしまいました。

さっさとこのオプションをはずせば、7万ほどが浮いたのに。

ということで、考えながら数年が過ぎればこれだけ
無駄なお金が出てしまうこともあるというような
実例でございました。

固定費の見直しと削減は効果大

ダメ主婦の私はトラブルに背中を押される形で、
結果的に通信費の見直しをすることになりました。

実のところ、当初は、オプションを見直した程度じゃ、
出費はあまり抑えられないだろうと思い込んでいました。

でも、以外や以外。
これからの維持費は半額で済みます。

たまの料金の見直し、特に光熱費や通信費といった
固定費は少し見直せば効果は抜群というのを
身をもって実感したところです。

さっさと見直しをしていたら
7万近くが手元にあったはず。

それが手元にあったなら、
保存したはずの記事が消えてしまうとか、
気に入ったDVDしか再生しないとか、
気に入ったアクセサリしか稼働させない、
このスーパー挙動不審PCも、
官公庁から払い出しされた中古PCに買い換えられたのになぁ・・・(泣)

   

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ