格安SIMにする2 ~リサーチの前に

SIMフリーでスマホを使うのであれば、心配なことは通信速度。
障害がある子どもたちには携帯は命綱ですから、
音声通話はつながりやすく、品質もよくないと困ります。
だから、現在のガラケーの契約は残すことに決めています。

SIMカード 携帯電話に挿入されている契約者の情報や電話番号などの識別情報 が記録されたICカード

SIMフリー SIMカードを選ばずに携帯電話を使えることやそのシステム。
SIMフリーで、MVNOの格安プランを利用することで通信料を節約 できる。

MVNO 携帯電話回線など、無線通信に必要な環境などを他の通信事業者から 借りて、独自のサービスをくわえて提供する会社

どんなプランを選ぶべきか

現在、音声通話は無料通話分でまかなえています。
オプションのイマドコサーチは契約と利用料で200円。
その他のオプションをやめてしまえばガラケーにかかるのは1700円。
(それでも、高い気がする)

使いたいのはこれまでのようにメール送受信とイマドコサーチ、
家族の病院通いや送迎、学校や町内会の行事などで出歩く機会が多いので
出先でのネット検索。
ですから、SIMフリーのデーター通信のみのプランまでは決定。
(音声通話はガラケー、スマホは主人のお古を使えそうだし)

こういう時に悩むのが、どこの会社のどのプランにするかです。
安ければ安いほどいいけれど、使えないとしょうがないですし。

データー通信量は

データー通信量は先月で8.5MB(i-モード)なので、1GB/月プランだと心配。
今月は数社、プランを微妙に変更するところがあって、
ミニマムプラン1000円以下でも3GB/月使えるところも出てきました。

3GB/月あれば、今までの使い方にプラスして、
近くの駐車場の情報や利用したい店舗の検索くらいは大丈夫と踏んでます。

ちょくちょく動画を見さえしなければ大丈夫(主人談)のようです。

通信速度は

ちょっと見てみたら、多くの会社が制限時の速度150kbps 200kbps。
これについてはこのページが参考になります。

受信時最大速度はプランによっていろいろだけれど 225Mbps~150Mbps。
我が家で契約しているアクセス回線プランでの最大受信速度は100Mbps。
その実際はというと↓

test

 

 

 

 

 

 

 

USENのスピードテスト (フレッツ光用)の結果です。

このくらいだとネットしてても快適です♪
回線の混雑状況で全然違うと思うけれど、最大受信速度であれば
急いでネットでページ検索する分には、ひどく不便というのは少ないと思われます。

いざというときの高速回線はうちの場合は不可欠なんです。
子どもの位置検索、イマドコサーチを使いたいからです

今はイマドコサーチは携帯画面から直接検索して地図表示されます。
そのためにデーター通信料がひどくかかります。

でも、イマドコサーチの画面はその契約をしていれば、
ドコモのマイページから入れて、PCから見ることができます。

つまりスマホからドコモのマイページに接続してイマドコサーチを使って、
スマホの格安プランでその通信料をまかなおうというわけです。
パケット使用料を見る限り、もっとも小さなプランでも何とかなりそうですから。

そんなわけで、私の場合、
必要に応じて高速回線が使えるプランを選ぶことにしました。

その他のメリット・デメリット

どうしてもほしいのは通信容量の残りの繰り越し
あったらいいなと思うのはバースト機能
(通信開始から数秒間だけ高速通信する。サイトの読み込みが早く感じる。)
気になったのは通信料を一時的に増量したいときの料金や方法や迅速さ。
心配なのはセキュリティ

また、考えなくてはいけないのは、MVNOの将来的な変化への対応力。
各MVNOともプランがどんどん変わり、それに伴って加入者も増減?することで
回線の混雑状況の変化が起こり、評判もめまぐるしく変わっているからです。

これまでの各通信会社の対応の仕方、信頼感など、
状況の変化があると踏まえて選ぶことも必要だなと思いました。

   

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ