師走だ、家計を引き締めよう!

いつの間にかもう師走・・・。

そういえば去年のこの時期は、
このブログに本格的に記事をUPし始め、
自分を振り返ろうと生まれて初めて家計簿をつけてみて、
その支出の内訳に愕然とした、恥ずかしい記憶があります。

そして、今年はというと
私のゆるゆる度のあまりのひどさに本当にたまげてしまって、
すごく反省した上半期は家計簿を必死につけ、
下半期は節約になる、バランス献立に頭を悩ませ続けた一年でした。

スポンサーリンク

去年の家計簿やここ数年の光熱費を見ていて、
なぜだか11月~12月上旬にやたらお金がかかるのです。

考えやすいのは、
この時期、クリスマスケーキやオードブル、おせちなどの
予約商品の支払いがかさむこと。

で、クリスマスの月だし・・・ということで
食材がグレードアップしがちな傾向があるかも。

130860.jpg

でも、光熱費まで何でかかるんだろう・・・。
料理はそんなにしないし、夜更かしだってしないのに。
この疑問はなかなか解決しそうにありません。

ただ、今年から変えることにしたことがあります。

半分義理で取っていた、某おせちの申し込みをやめました。

最初に頼んだ10年ほど前は味も比較的よかったのですが、
最近はどんどん味も内容も落ちてきて、お値段は上がりました。

子どもたちはおせちには全然手もつけませんし、
双方の実家はもともとおせちを食べる家ではないので、、
頼んだのはいいけれど、義務で食べている感じのおせちという側面はありました。

今回、おせちカタログを見ても、予約する気がどんどん失せてくようなラインナップだし、
おせちを頼んでいるところの宅配システムが変わって、あまりお得でなくなったので、
もう、おしまいにしました。

これで2万円ほどが浮くはずです。

そして、もう一つ。
子どもたちの声もあって、今年からクリスマスケーキはやめることにして、
その代わり、それぞれが好きなショートケーキやスイーツを買うことにしました。

見た目がさびしいとは思うので、
クリスマスの終わる週末に冷凍シートパイを使って、アップルパイを作ることにしたら、
子どもたちからは歓声。
今の我が家はそんなのでいいみたいです。

クリスマスケーキ(ホール)は量も多いし、
家族もそれぞれの味の好みのばらつきがあります。
アソートにしても、誰もが食べないケーキはありそう。

せっかくお金を出して買っても、片付けるために無理して食べる。
しかも、決して健康にはよくはない代物。
(心の滋養にはなると思うのですよ、適量ならば)

毎年繰り返されるこの光景をばかげてるといつも思っていたけれど、
子どもたちのことを考えると言い出せないでいました。

たまたま今年はどのカタログを見ても、
オーダーしたいケーキもないし、
よさげなものはアレルギーのあるうちの子たちには
食べられないものが入っていたり・・・。

年齢も考えると、クリスマスケーキの卒業には
ちょうどよいタイミングかもしれません。

お金を出すなら、納得して、
ちょうどよい量の自分の好みのものを、しっかり味わって食べたい。
これがやっぱり、最高かなと思います。

この2つで二万二千円くらいの削減にはなりそうです。
気が緩んで、その分、あれもこれも買おうにならないようにしなくては。

田舎町のここだけなのかもしれませんが、
クリスマスに入る少し前から物の値段が上がるし、
棚に並ぶ商品はそのほとんどがクリスマス&年末用のものばかりになります。
(特に鮮魚類はお刺身か干物&冷凍ものしかなくなる)

来週、再来週はお財布の紐は締めながらも、
保存に向いているものを、安売りの日に多めに買って、
年末年始を乗り切る体制を作りたいと思います。

   

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ