「大掃除」は小掃除で済まそう! ガスコンロ編

主婦の大事な相棒、ガスコンロ。
毎日、数度お世話になるところだし、
油分に吹きこぼれが熱でバリバリになって汚れもなかなかです。

cooktop.jpg

ガラストップガスコンロ 用 プロテクトシート

うちは3年前にコンロをガラストップに変えたこともあり、
なるべくきれいな状態を維持したいなと思って、秋にちょっとしたアイテムを買いました。

同じ物ではないのですが、こんな感じのものです。

五徳の周りに少し、隙間ができていて、
ちょっと嫌な予感はありました。

それでも、油分や汁物の飛び散りはキャッチしてくれていたので、
これでもまずまずよいかなと思っていました。

スポンサーリンク

プロテクトシートの使い勝手

お掃除の頻度も毎回からぐっと減り、
五徳周りはひと月に一度くらいにして、
「あ~楽ちん」と思っていました。

不安感はあったのですが、それには蓋をしてました。

何度かの掃除の時、プロテクトシートの裏側の汚れがなかなかすごくなっていることに気づきました。
一生懸命に磨いても、これがなかなか落ちない(汗)

大掃除もあるさと(こんなときには大掃除を持ち出す)、適当に掃除を済ませたら、
そのうちに表面がぼこぼこになり始めました。

キャッチした汚れと、この前に落としきれなかった汚れが、
汚れのカタマリを作っていたのでした。
この頃には五徳とプロテクトシートの間は茶色がかっていました。

ガラスコート磨きでこすっても落ちません。
これはがっつりと大掃除(恥)でとるしかないと思って、放置。

そして大掃除

そして、一昨日、このガラストップと五徳の汚れ落としをしました。

洗い桶に熱湯をはって、重曹をいれて、五徳をつけ込んでから、
クリームクレンザー+スチールウールでこする。

ガラストップの五徳周りは熱湯をかけて、重曹を振りかけて、
古歯ブラシでこする。

レンジ側面の壁は重曹スプレーをして、お湯で絞ったウエスで吹き上げ、
正面の壁は貼ってある透明シートを貼り替えるだけ。

30分くらいでぴかぴかになりました。

017072

でも、重曹をかなり使いました。
重曹って、地味に高いんですよね。
こんなことなら、日頃から地味に拭いてたほうがよかったのかも。

・・・決して、この商品がわるいのではなく、
私のずぼらさ加減が半端なかったのです。

ただ、私みたいな人間が使うには不向きと思って、
買い換えるのはやめにしました。

プロテクトシートをしょっちゅうとって、お掃除できる人であれば、
この商品もかなりよいかもしれません。

それにしても、あのガンコな汚れを落としてしまう
熱湯、重曹、古歯ブラシはホントにすごい組み合わせです。

   

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ